清四郎は『五郎君』になりました

ある日突然、
5兄弟で保護主さんのお庭に
母猫に連れられてやってきた清四郎

写真撮影をした時の
貴重な兄弟それぞれとのお写真

5兄弟

猫のことなんて全く分からず、
どうしてたらいいのか、
でも何とか里親を探してあげたいと思い、
「猫と暮らす会」へ相談されたIさん

五郎くん

1匹はご近所の方にもらわれ、
4匹を譲渡会へ。
毎日お世話を一生懸命して、
体調不良になれば、すぐに病院へ。

本当に頑張って
仔猫達の幸せのために奮闘されました

そのかいあって、
無事に3匹は里親さんのもとへ

五郎くん

最後の清四郎は風邪をひき、
1度譲渡会をお休みしました
その間、Iさんが看病をして、
1匹になった清四郎もすっかり、
Iさんのご家族になつきました

五郎くん

五郎くん

そんな清四郎をご主人様も可愛がられて
「家族の一員にします」
と嬉しいお言葉を頂きました
「呼ぶとすげに膝に入ってきて、
とても可愛くなりました。
愛猫家の仲間入りしてますよ。」
と清四郎にデレデレのようです

五郎くん




「かわいそうだから、とりあえず保護したけど
自分では面倒をみれないので
預かって里親を探してほしい」
と言う人がほとんどです。

「かわいそうだから」
「ほっておけないから」
「でも、自分では世話して育てる事は出来ない」
…これはとっても無責任です。

保護すると言う事は命を預かるという事。
保護した人間によって運命は左右されます。
保護するという事は、
とっても大変で
時間も労力もお金もかかかります。

本当に里親さんは見つかるのかと
不安との戦いです。

それでも、保護したからには最後まで、
その子の幸せを願って、
もらわれていく事を信じて
Iさんは、頑張られました。

Iさんが頑張ったお陰で
5匹みんな、幸せを掴みました。

そして、それぞれの家族に
幸せをプレゼントしています。
真剣に命と向き合う事で、
五郎と言う宝物を見つけました。

五郎も「僕はここにずっといたいよ。」
とアピールしたんでしょうね

五郎よかったねおめでとう


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekotokurasukai.blog.fc2.com/tb.php/1808-f4e5b540