ジョルノくんは『ちゃろ君』になりました

初めて会ったときのちゃろ君は120㌘でした
目も開いておらず、
ジョジョと兄弟で保護しました

ちゃろくん

ミルクのみスタッフNさんに託して、
スクスクと育ちました。
そのスタッフNさんの
気持ちのこもったメッセージです

「ジョルノは、風邪をひいて家に来ました。
なかなかミルクを上手に飲めなくて、
今までで一番心配でした。
びっくりするほど、おっとり
兄弟で遊んでいても
スローモーションみたいで、
みんなで大笑い。
里親さんの家へ行く前に会いたかったなぁ。
風邪で大変で、そのあと、
可愛いすぎて思い入れがあるから、
悲しくなるから会わない方がいい!
って思っていました。」
とどれほどスタッフNさんが
愛情いっぱいに育ててくれたかが
分かる言葉をもらいました

Nさんの息子さんが、
好きなキャラの名前をつけたので
息子さんも凄く可愛いがってたそうで
「風邪治れ❕っていつも応援してました。」
とお世話を頑張ってくれました

ちゃろくん



そんな、ちゃろ君を気に入ってくれたのは、
お嬢さんでした。
お届けに行った日、
お嬢さん2人が嬉しそうに
目をキラキラ輝かせて、
ちゃろ君をいとおしそうに見つめていました

ちゃろくん

初めてちゃろ君を腕に抱いたお姉ちゃんは、
飛びっきりの可愛い笑顔を
見せてくれたのが印象的でした。

フォロー中も順調に馴染んでいき、
先住猫のなつちゃんとも仲良くなり、
さすがちゃろ君とおもいました。

ちゃろくん

スタッフの愛情を一杯もらい、
ずっとの家族に出会い、
ずっとのお家で
愛情いっぱいに育っていくちゃろ君。

今までは男は旦那さんだけでしたが、
これからはオスのちゃろ君が加わり、
ますます楽しい家族になりますね

ちゃろくん

名前をプレゼントしてくれたのは、お姉ちゃん。
茶色と白だからだそうです
なるほど!
なかなかユニークな発想たなぁと
思わず感心してしまいました

ちゃろ君、よかったね、おめでとう


預かりスタッフのリレーの先に
巡り会えたずっとのおうち
ミルクから離乳食期への以降で
ガクッと体調を崩したり、
虫がなかなか退治できなくて
マズイお薬を何度も飲んだり。。。

そんなこれまでの日々が
思い出されます

ちゃろ君の健やかで
幸せに満ちたこれからの暮らし、
心から願うと共に
またぜひうちの子自慢のお便り、
お送りくださいね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekotokurasukai.blog.fc2.com/tb.php/1567-e126736c