とと君は『虎太郎くん』になりました

若猫3才くらいの虎太郎くん、
譲渡会でお声掛けいただきました
お話の中でも
虎太郎くんのペースに合わせて
安心して暮らしてもらえるように
少しずつ距離を縮めたい、
と仰って下さった里親さま

初日はベッドの下、
隅っこでかくれんぼから始まりました

虎太郎くん

ケージに戻して落ち着くのを待ち、
すると・・・
何度もスリスリして
撫でたら喉を鳴らしてゴロゴロ

一方、先住のちょこちゃんは
慣れない気配とニオイを察して
ソファーカバーにおこもり

いつも一緒のパパさんが
虎太郎くんのそばに居るのに
嫉妬したのか・・・
ちょこちゃんがパパさんを
避けたりもしました

虎太郎くん、ちょこちゃん

日々の様子を
とても細やかにご連絡いただき、
虎太郎くんが犬のように
ベタベタとくっついて甘え、
離れなかったり・・・
布団にもぐりこんで
朝まで一緒に寝たり、
目覚めたら舐め舐めされたり

様子が気になったちょこちゃんを
ケアして、食欲が出るように
色々工夫していただいたり・・・

一生懸命、向き合って
ちょこちゃんや虎太郎くんを
想って下さってるのが
ヒシヒシと伝わってきます

文章のひとつひとつから、
そんな優しいお人柄が感じられ
微笑ましく、
あたたかく見守っていました

虎太郎くん

パパさんだけでなく、
ご家族みなさまも、
虎太郎くんにメロメロだそうです

ちょこちゃんはまだちょっと
警戒モード発動中、
徐々にシャー!!と言いながら
すぐに逃げていたのが、
少しずつ変わってきているそうです

じゃれあう日を夢見ながら、
でも押し付けることなく、
急がずに猫ペースに合わせて
接して下さるそうです

よかったね、虎太郎くん

「長い目で見る」と
言葉でいっても
なかなかそう覚悟を決めれる方、
実は少ないんじゃないかな?

少なくともステイ期間中で
「決める」わけです。
たった少しの期間で
仲良くなる子ばかりではありません

でもちょこちゃんと虎太郎くんの
パパさんやご家族さまのように
想ってもらえたら大丈夫、
私はそう思います


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekotokurasukai.blog.fc2.com/tb.php/1359-bd94e08c