桃太郎くんは『スプーキーくん』になりました

桃太郎君は昨年の夏、
他の兄弟たちと
3匹で保護されました
保護したお宅は知的障害をお持ちの
ひとり暮らしの男性が、
庭に来る動物すべてに
餌づけをしてしまっていて、
近隣トラブルになっていました
大人猫たちもいました。

問題解放のために関わった場所でしたから、
いろんな意味で大変でしたが、
約7ヵ月が過ぎ、最後に
桃太郎君の譲渡が決まったことで、
すべてが終了となりました。

スプーキーくん

桃太郎君は預かってお世話してくれたお宅では、
甘えん坊でとってもやんちゃな楽しい性格でしたが、
譲渡会場が大嫌い

隠れているところを触ろうとすると
威嚇してしまいます。
そんな中、ネット上の写真を見ていただいて、
トライアルになりましたから、
かえって会場で見ていただかなかったことが
幸いしたのかもしれません。

スプーキーくん

ステイに入って2~3日したら、
何だかもういい感じに
なりはじめてきました
そして、どういうタイミングだったのか…
いきなり、
めちゃめちゃ普通に馴染んでいました
あっという間に陥落したようです

スプーキーくん


ご主人は猫がイタズラするのは仕方ないよ!
と笑ってくださる性格
奥様は、とにかく猫が大好きで
猫の性格気質がよくわかっていらっしゃる方でしたから、
桃太郎君が慣れるのが早かったのも、
うなずける話しです

新しい名前は、スプーキー君です
新婚旅行で行かれたフランス。
そこの宿泊ホテルの看板猫ちゃんが
名前の由来だそうです。

スプーキーくん

スプーキーくん
スプーキーくん用の手作り爪とぎ

スプーキー君は甘えん坊でお利口で、
よく食べるし
人のしゃべってるのもわかるし、
こんないい子がどうして今まで決まらなかったのか
不思議です

と、早くも親ばかぶり炸裂で、
こんなに嬉しいことはありません。

スプーキーくん

2匹目も考えてくださっていますから、
また近い将来
ぜひよろしくお願いします。

スプーキー君、おめでとう~


スプーキーくんは
こしゃもくんコハクくんと共に
保護猫生活を続けてきました
兄弟が順番に決まっていく中、
何度も苦手な譲渡会に参加して
がんばり続けました

実はいま、2匹目ステイ中です
猫同士の相性ばっかりは
猫のみぞ知る・・・ので
あたたかく見守っております

写真から伝わってくる
穏やかな安心している様子、
凛々しいスプーキーくんの表情
とってもステキです


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekotokurasukai.blog.fc2.com/tb.php/1318-51548123