カールくんは『コハクくん』になりました

コハク君は、
外で暮らす一歳に満たないお母さんから
生まれた子です
保護した時は人慣れもしてなくて、
風邪の為目が炎症して開いてない状態でした

コハク

懸命に目の治療をして、
人に慣れてきた時は
子猫の時期は過ぎてました

譲渡会場が苦手で
いつも隠れていました。
が、なんと里親さんには
すんなり抱っこされました

コハク

ステイに入って
緊張からかオシッコがでなくなりましたが、
すぐに病院に走って下さったおかげで
大事に至りませんでした

それからは先住のミイさんとも
少しずつ接近、
こちらの心配もよそに
あっという間に甘えっ子に変身しました

コハク

コハクくん

片眼が見えないことも
全く気になりません
とコハク君のすべてを
受け入れてくださいました


一足先に幸せを掴んだ
同じ場所で保護された
こしゃもくんに続けたね

そしてコハク君を愛おしく思って
家族にしたいと言って下さったのは
とってもとっても優しくて
あたたかいご家族でした

こむぎちゃんの里親様のご紹介で
譲渡会にご来場くださいました
猫と人との縁と共に
人と人とのご縁に
感謝の気持ちでいっぱいです

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekotokurasukai.blog.fc2.com/tb.php/1140-2408a085