fc2ブログ
岸子ちゃんは『うなちゃん』になりました

昨年2023年10月のこと、
とあるTNR現場で保護された6匹の子猫たち
縁あって、会に辿りつきました。
ママ猫さんは捕獲し、TNRをします。

某アイドルグループから
インスピレーションを受けて、
仮名を名付けました



小さいながらもいっちょ前に
精一杯のシャー
6きょうだいの中でも、いちばん小さくて
191gの岸子ちゃん。

数時間おきのミルクから始まり
離乳食、そしておチビさん達あるあるの
体調不良の波を乗り越えながら
それぞれのペースで、成長していきます



預かりスタッフさんから
溢れんばかりの愛情を受け、
とっても愛らしい性格抜群の女の子

きょうだいだけでなく、
おなじくらいの月齢の子猫たちとも
にぎやかにワチャワチャと暮らします



いつものように参加していた譲渡会で
岸子ちゃんを見初めてくださった
ご家族がいました

ご来場前のヒアリングでは
先代の三毛猫さんに近い、
似ている部分がある猫さんを探していると

会場でいろんな猫さんをみていただき、
そしてスタッフともお話をしながら、
トライアルが決まりました

譲渡会や移動での疲れもあったようで
お届け後はごはんより、まずは…
スヤスヤとおやすみタイム



おトイレは早々にクリアし
初日からお子さんのお膝で
くつろいでいる様子を伺い、
担当スタッフも思わずニッコリ

場所にもご家族にも
「あれ?昨日きたばかりだったよね?」
と、ツッコみたくなるほど
すんなりと馴染んでいきます





ごはんもしっかり食べて、
たくさん遊んでもらって元気も120%
夜鳴きもまったくなく、
体重もぐんぐん増え、
奥様にくっついてぐーぐーとお昼寝



送られてくる写真や動画はどれもキュートで
のびのび&リラックスしてる岸子ちゃん

息子さんが名付けてくれた
『うなちゃん』というお名前は
うなぎみたいなシッポ、色が蒲焼き風と
納得&なるほどなナイスセンスです

「これからうなちゃんと
Mさまファミリーの幸せ度は
うなぎのぼりダヨという意味です」
のお言葉がとても嬉しく、
スタッフみんなの心に響きます



賢いうなちゃん、
なんと猫じゃらしの「取って来い」が
できるようになったそうです

すてきなご縁に恵まれました
これから毎日楽しく&幸せに暮らせるね



うなちゃん、おめでとう

スポンサーサイト



大人猫がご飯を食べにきていた
あるお宅の裏に、子猫が来るようになりました
くるみちゃんです

ボスが食べる時は
他の猫はみんな遠慮するのに
くるみちゃんはよっぽど
お腹が空いていたんでしょうか?
ボスに叩かれながらも
頑張ってご飯を食べていたそうです

まだまだ体の小さな子猫だったので
やさしい保護主様が家に入れて
大切にお世話をして下さり、
里親募集をすることになりました



保護されたくるみちゃんは
わりとすぐに懐き
保護主様のお宅の猫ちゃんたちとも
仲良く過ごせていたそうです



そのくるみちゃんを見そめたのは
以前猫を飼われた経験のある里親様で
2週に渡って譲渡会に来場されました

2度目のご来場前には、
「あれからずっと悩んでいます。
もう一度会いに行きたいです
と熱い思いを伝えて下さり、
お見合いを経てステイに入りました



初日は新しい環境に不安を感じたのか
ご飯を食べません
にゃん袋の奥に潜んでいます。

まずは少しずつ様子を見ながら
撫でてあげたり遊んであげたりして
くるみちゃんに寄り添ってもらいました



いつもはお仕事でご不在時間が長い中、
2日目には留守番のくるみちゃんが心配で
昼休みに様子を見に戻られたようです

帰宅後にケージに手を入れて撫でると
ゴロゴロ言って甘えるようになり
その頃からはご飯もしっかりと
食べられるようになりました



ケージからかわいい手を伸ばしたり
顔を近づけて来たりして
日毎に心を許してくれるようになり、
そのしぐさに里親様も喜びにあふれているようでした

もともと美人さんのくるみちゃんですが、
里親様から送られてくる写真は
すっかり穏やかで
幸せさそうな表情に変わっていきました



そして、ステイ半ばが過ぎた頃、
「家族の一員としてくるみちゃんと暮らして行きたい。」
とうれしいお返事を頂きました

「ここが私のお家になる!」
とわかったからでしょうか?
くるみちゃんは劇的に
ご家族にもお家にも馴染んでいきます



「背後から勢いよく
私の背中にドロップキックして、隣のベッドに
飛び移ることが2回もありました。
とてもびっくりしました!」

「今まで猫をかぶっていたのか、
だんだん本性が出て来たようです。
床をガリガリしたり
なかなかのいたずらっ子です!」

奥様のお言葉から
可愛らしいくるみちゃんの素振りが
よく伝わってきました



ケージを2階の部屋から
1階のリビングに移す前には、
「床の上だけでなく高いところも
置くものに気をつけないとと思いました。」
と仰り、他にも安全対策や脱走防止対策を
しっかりと考えてくださっています

遠方で暮らす3人のお子様方には
まだ、くるみちゃんがお家の子になった事は
秘密だそうです

帰省された時のサプライズ
どんな喜びが待っているか楽しみですね



くるみちゃん、本当におめでとう

あたたかくて優しいご家族と一緒に
ずっとずっと幸せに過ごしてね

6月14日、ある地域のTNR活動で
母猫と一緒に居た5匹の子猫たち

4匹は保護され、預かりスタッフがお世話を開始。
訳あって一匹は遅れて合流!
歴史好きの預かりスタッフは
お市ファミリーと命名

スタッフ宅のケージに入れると、
兄妹を守る様に口を開けて、
威嚇していたのが長政(浅井長政)です

お市、茶々、勝家、権六兄弟と共に
お家での人慣れ修業が始まりました



保護された時は皆、ノミの糞だらけ、
つらい環境だったね

長政は体重501g
小さな体で兄妹を守る様に
可愛い抵抗をしていましたが、
あっという間に人慣れしました

ご飯はぺろっと食べ、走り回る
元気な男の子に成長しました

譲渡会に出られるようになると、
直ぐに勝家、お市、茶々と決まる中…
権六、長政がなかなか決まりません。

とても人慣れ抜群なのに…
決まらないのはなぜ?と、スタッフの声が出るほど



性格はおっとりマイペースで穏やかで、
猫にも人にも優しい男の子
そして…とっても食いしん坊さんでした

いろんな猫を世話をしたスタッフ宅で、
2匹になった長政君と権六君は
穏やかで仲良く過ごしていました



初めて移動した預かり宅には
2匹の先輩猫が居ました。
先輩猫にシャーと威嚇されても
ひるまず後をつけたりしているうち、
ニャンプロするまで仲良くなり
猫慣れも抜群の長政くんです

そして運命の出会いは譲渡会で

小学生のお子さんが居るご家族、
初めて猫を飼いたいと来場し、
長政くんが良いと気に入ってもらえました





初日からご飯完食
トイレも出来る余裕の長政くんです

でも、会話や音には敏感になっていたようで
猫飼育経験のあるお母さんは、
優しく見守ってくださいました



5日目には、のびのびとへそ天するなんて、流石です

そして長政くんをお家の次男にしたい
とお返事いただけました

最初は息子さんが抱っこが出来ない
と言っていましたが、抱っこも平気になり
お父さんの横でリラックスしたり、
お母さんと一緒に寝たり、もう家族の一員ですね





長政くんの長い赤い糸は
しっかりとご家族と繋がっていたんだね

5きょうだいの中で最後になったけど、
優しいお兄ちゃんの長政くんは
きっと皆を見送りたかったんだね





おめでとう、長政くん
優しい家族と幸せになってね

子猫の相談の増える10月の初め、
相次いで行政に持ち込まれた子猫たち
1日違いで会にたどり着いた
4匹と2匹のきょうだいがいました

漱石くんは、深月ちゃん、
しをんちゃん、乱歩くんとともに、
ショータくんはアイルちゃんと一緒に
それぞれ別の預かりスタッフの元で
過ごすことになりました。

ショータくんは当時900gほど、
生後2ヶ月くらいでした
人間への警戒心はしっかり備わっていて
攻撃してくることはないもののとても怯えていました。

預かりスタッフが抱っこしたり撫でたりして、
少しずつ警戒を解いていきます



そしてだんだんと
預かりスタッフに心を許してくれるようになり、
甘えん坊な男の子に成長しました

とっても仲良しのきょうだい、
アイルちゃんのお家が一足早く決まると
甘えん坊で淋しがりのショータくんはしょんぼり
環境変化にとっても弱く、
体調を壊してしまうことがありました。

譲渡会も休みがちだったショータくんですが、
クリスマスが近づいた頃、
里親希望の問い合わせが入りました



ですが、お見合い前日から
食欲のないショータくん、
このままトライアルはちょっと心配です

淋しがりのショータくんには
お友達がいた方が体調も崩しにくいため
2匹飼いを勧めたところ、
快く2匹飼うことを決めてくれ、
漱石くんが可愛いと言ってくれました

ショータくんと同じ時期に保護された
漱石くんですが、体重は350gほど。
生後1ヶ月くらいのとても小さな子猫ちゃんでした



4きょうだいの中でも一番積極的で
好奇心旺盛だった漱石くん。
帰省した預かりスタッフの娘さんや
初めて会う人にも物怖じすることのない子でした

体調面も丈夫で、
ショータくんの相棒にピッタリです



食欲が落ちて
少し心配なショータくんより一足先に
漱石くんがステイすることになりました



さすが漱石くん、初日からご飯も完食
排泄もしっかりできてお利口さんです。

ご家族みんなが
冬休みに入るタイミングだったこともあり、
たくさん可愛がってもらって
すぐにお家に馴染むことができました



漱石くんに続き、体調を整えて
トライアルを開始したショータくん。

はじめましての2匹ですが、
まだ子猫ですから
仲良くなるのに
それほど時間はかかりませんでした。

はじめこそグイグイくる漱石くんに
シャーすることはありましたが、
すぐに2匹でにゃんモックで
お昼寝できるようになり一安心



環境変化に弱いショータくんのために
お部屋もポカポカにしてくれ、
体調を崩すこともありませんでした



そして漱石くんはそうくん、
ショータくんはお名前そのままで、
2匹一緒に家族に迎えてくださることになりました



2匹のステイ中、キャットタワーやハンモック、
ベッドなどどんどん新しい猫グッズも増えていき
可愛がってもらっている様子が
とってもよくわかりました

そうくんもショータくんも本当に幸せそう



素敵な家族ができてよかったね
おめでとう

処分ありきで行政に預けられた子猫
年末の寒い時期なのに
ボロボロの粗末な籠に入れられて
路上に放置され、警察が回収するという
悲しい遺棄事件に巻き込まれていました

幸いにして、
なんとか会に辿りつくことが出来ました



やせて1キロたらず、風邪ひきの男の子
12月22日にやって来たので
クリスマスにちなんで
クリスと名付けられました

もう大丈夫
暖かくしてしっかり食べて、
元気に そして幸せになろうね

預かりスタッフのおうちで安心して過ごすうちに
体重も少しずつ増えて、
すっかり元気を取り戻しました

まもなくケージから出て、
他の預かり子猫たちと合流
人にも慣れて、すぐにゴロゴロいう
甘えん坊になりました



↑下2つの画像はクリスくんと なかよしのうさぎちゃん
(うさぎちゃんもおうちが決まったよ!)

きれいな水色の目のシャム風男子



ホームページに写真を載せたところ、
すぐにお問合せが入りました。

お父さんお母さんと
小さなお子さん2人の楽しそうなご家庭です
譲渡会で実際に会ってもらって、トライアル決定

クリスくん たまに人の足先を噛むことがあるかも…
とお伝えしたところ、お子さんに
ルームシューズを用意して待っていてくれました

説明してる横で、クリスくんは
ちゃんとトイレでおしっこ。
ごはんも食べれて、ちょい警戒しつつも
新しいおうちと家族に興味津々という感じ

ご家族もかわいいクリスくんに
ワクワクしているのが伝わってきます



娘さんが猫じゃらしをふると、
クリスくんもケージから出て来て遊びます。
みんなクリスくんを見つめて笑顔です

すぐに息子さんが「もふくん」という
かわいい名前を付けてくれました



その後のお母さんからの報告では、
家族全員がメロメロなご様子

なんと!
翌日にはもう
おうちに迎える決断をしてくださいました

「嬉しいです!
ほんとにかわいくて、たまらないです。
もふくんと離れるのは考えられない
と家族会議をしました。
正式に譲渡して頂きたいと思っています」

「体調管理も気をつけていきたいと思っています。
脱走対策や、大きな声はびっくりすることも
子どもたちにも伝え、これからケージも用意します

お父さんやお母さんの
お膝に乗って甘えたり寝たり、
子どもたちが呼ぶと、撫でて~と寄ってきたり、
すっかり新しいおうちになじんでいるようです



「どんな姿も可愛いくてずっと癒されています」

「子どもたちも、もふがいてくれるから早く起きなきゃ、
帰ったら手洗って先にもふと遊ぶ!と張り切っています」

そしてお母さんが
猫と暮らすことへの思いをそっと教えてくれました。

「私自身、ちょうど下の子と同じ
4歳頃から猫を飼っていました。
成人すぎるまでずっと一緒だったので
楽しい時もですが
辛い時もずっと励ましてもらっていました🐈

人間には言えない相談も猫には言えたり、
傷ついた時も一緒にいてくれるだけで癒されたり、
ほんとに心の支えになってくれたので、
いつか子どもが猫を大切にできる年齢になったら
家族に迎えたいと思っていました。

ほんとにこうやって一緒に生活できることが嬉しいです

先代猫さんも空の上から見ていてくれるかな
きっと今のお母さんの様子を
うれしく思ってくれていると思います

「最近はますます慣れてきてくれて抱っこ大好き、
肩にものったり、膝も定位置でべったりです
うちに赤ちゃんが産まれたみたいな気分です」

「今日のもふです
ほんとに♡可愛いです😍たまらないです♡
ワクチンもほんとにお利口さんでした♡
自慢の息子ですね」



もふくん
たっぷり愛してくれる家族の一員になれました

心からおめでとう

これからのお子さんと
もふくんの成長がとても楽しみです
きょうだい?それとも親友かな?



ぜひお便りくださいね