FC2ブログ
ツクツクは『モナくん』に
にぃにぃは『アンちゃん』になりました

8月初旬、
行政に処分ありきで持ち込まれた、4匹
サビ3匹と茶トラ1匹。

夏らしい名前をと、
蝉の名前がつけられました
にぃにぃ、ひぐらし、みんみん、ツクツクです



まだ小さかった4匹
350gから、425gでした

体調を崩してしまう時もありましたが、
預かりスタッフの愛情をたっぷり受けて、
元気いっぱいに育ちました

体重も増え、体調も整い、
一足先に譲渡会に参加したのは、
にぃにぃと、ツクツクでした

初めて参加した、譲渡会
そこで、運命の出逢いがありました

これまでにも、2回程、譲渡会に来場し、
いろいろと説明を聞いてくださっていた里親様。
大学生の息子さん2人と、お母さんです

説明を聞いて、
ご自宅のどこのお部屋で
猫を飼うのかを考え、環境を整えて、
準備してくださっていました

次男さんのお部屋の断舎離をして、
そこで猫を飼うことに決めていました。

飼うなら、2匹がいいかなと、思っていたところ、
ツクツク、にぃにぃの兄妹に目が止まりました

そして、いざステイ



元々、ちょっと食が細かった、にぃにぃ
体重が減ってしまいましたが、
里親様がフードを工夫してくださり、
徐々に体重が増えました

2匹は元気に遊び、
元気に走り回って
そして疲れると突然寝る





ご飯の後にお互いの口の周りについている
パウチを舐め合う



そんな2匹のことを可愛い
愛情をたっぷり注いで、
お世話してくださいました。

大学生の息子さん2人も、
2匹のお世話を手伝い、
一緒に遊んでくれました

モナ君の名前は、ゲームに出てくる
通称モナっていう猫からもらいました
前から猫を飼ったら、
その名前にしようと思っていたそうです。

モナ君にあう女の子の名前は、
アンちゃんと思いついたそうです

モナ君、アンちゃん。

ずっとの家族と、
ずっとのお家が出来て良かったね







これからも、優しいお兄ちゃん2人とお母さんに、
たっぷりと可愛がってもらってね
そして、たっぷりと癒してあげてね

本当に、おめでとう

スポンサーサイト



寛太くん(じゃじゃ)おめでとう

あるご夫婦が、とある場所で猫を保護し、
飼い猫に迎えました
この運の強い猫は、
実はお腹に赤ちゃんがいたのです。
4月10日にお部屋で4匹を出産

ご夫婦はびっくりしましたが、
一生懸命お世話をしました

お母さん猫の母乳で
すくすくと育ったきれいな
ブラックスモーク4兄妹です

年配のご夫婦は
子猫4匹を終生育てることは難しく、
譲渡会へ佳きご縁を願って
毎週参加してくださいました

ごま君銀臥くんルネちゃん
次々と里親様が決まり、
大トリを務めたのがじゃじゃくんです🎵



ある譲渡会に若いお父さんとお母さん、
2歳のお兄ちゃんが来場され、
じゃじゃくんのステイが決まりました

お母さんはお腹が大きく、
秋も深まる頃に出産予定です

ステイ初日、
じゃじゃくんはお部屋を探索し、
ヒラリと冷蔵庫の上に登って元気一杯です



人懐こいじゃじゃくんは、
すぐに大人に甘えています

お兄ちゃんとは少しずつ
距離を縮めてもらうようにお願いしました

猫は男性よりも女性!
子供よりも年配者に慣れやすいからです

予想よりも早くお兄ちゃんとも仲良くなり、
もうすぐ生まれてくる赤ちゃんの
予行練習にもなったことでしょう



じゃじゃくんは軽やかで、
キッチンやテーブルの上にヒラリ

調理中や食事の時は、
ケージに入れてもらうようにお願いしました。

ケージが苦手で、
「出してー❗自由でいたいよー❗」
とアピールしますが、我慢我慢

ケージに入る習慣があると、
外出、来客、窓の開け閉めの時など便利です



人も猫も思い通りにならないこともある
習慣付けが大事、子育ては根気よく
一緒ですね

じゃじゃくんは『寛太くん』になりました

お父さんが名前をひらめき、
お母さんが漢字を後付け

「のんびりどっしりのびのび育って欲しい」
と願いを込めたそうです



最初は「子供が生まれて、
子育てが落ち着いてから猫を迎えては?」
と提案しました

しかし、落ち着いた月齢、
体調が良好なじゃじゃくんは大正解でした

安心しておまかせできる里親様です





お母さん猫、優しい保護主様と里親様
生まれてからじゃじゃくんはずっと幸せです

このしあわせな寛太くんが、
きっとご家族と新しい赤ちゃんに、
しあわせを招いてくれます

招き猫ですね





ピーチくんは『グーくん』になりました





ステイ中に手をグーパーしていたところから
つけてくださったそうで、
その動画を見てスタッフも癒されました

そんなグーくんですが、
ステイ中は先住猫のクロさんと
仲良くなれるかが鍵でした

グーくんは人見知りもせず、
すぐに里親さんご家族に慣れ、
食欲も排泄も順調そのもの





反対に、先住猫クロさんは
とても臆病な性格で、
グーくんが気になるのですが
すぐに逃げて隠れてしまい…

そんな様子を見て里親さんも
かなり不安になってしまいました

でも、先住猫クロさんは
怖がりはするものの体調は崩しておらず、
スタッフも時間をかければ
きっと大丈夫ですよ、とアドバイス

里親さんも少しずつ、じっくりと
先住猫クロさんとグーくんが
一緒にいる時間を増やしながら
様子をみてくださいました

そして、ステイ最終日、
まだ不安はあるものの
2匹をゆっくり見守りたいと
グーくんを家族に迎えたいと
お返事をいただきました



そんな里親さんご家族が
正式譲渡の手続きに来た際に
嬉しいご報告が

先住猫クロさんが
グーくんに近づきやすいようにと
ケージ周りを工夫してくださったら、、
なんと、ビビりだった先住猫クロさんが
グーくんに近づき始め、
夜にはすっかり仲良くなって
追いかけっこをして遊び始めたとの事

2匹一緒に遊ぶ姿を見て、
安心した里親さんは、
今後も2匹良い関係が築けそうだと
おっしゃってくださいました



2匹が一緒に遊ぶ動画を見て、
スタッフも嬉しくなりました

これからの2匹の関係、とても楽しみですね
トランくんはお名前そのまま『トランくん』になりました

楽器の名前から仮名がつけられた
チームオーケストラ、
6きょうだいのうちの1匹です

写真 2019-10-12 15 43 35

300gほどの小さな子猫たち
最初はうまくミルクも飲めませんでした

写真 2019-10-12 15 23 10

代表や預かりスタッフKさんの
献身的なお世話と
めいっぱいの愛情を受け、
スクスクと、そして性格抜群に育ちました

写真 2019-10-12 15 24 53




トランくんを気に入ってくださった
里親さんご家族

実は以前、別の猫で
トライアルしたことがあるのですが、
お子さんが猫アレルギーと
発覚してしまいました

その際は泣く泣く
譲渡を諦めたのですが、
猫を迎えたい気持ちは変わらず…。

病院で詳しく検査してもらい、
猫と暮らす事ができるレベル
との診断をもらいました

病院でしっかり診断を受けて
対処方法を教えてもらい、
念願の猫との暮らしを始める事ができる
とわかった里親さんご家族

もちろん、
気をつけることはたくさんありますが、
ご家族で約束事も決め、
対策もしっかりとって申し込みされました

写真 2019-10-12 15 23 52

そんな里親さんご家族に気に入られた
トランくんですが、
子猫ゆえのハイパーなテンションで
かなり活発に過ごしていました

写真 2019-10-12 15 23 14

そのため最初はドキドキした
里親さんご家族でしたが、
預かりスタッフからのアドバイスを聞き少し安心し、
やんちゃぶりにも
だんだんと慣れていきました

トランくん自体は
最初からマイペースに過ごし、
ご飯もモリモリ食べるという順調ぶり

途中、涙目になり、
スタッフが目薬をお届けする事態もありましたが、
何とか無事にトライアルが終了しました

写真 2019-10-12 15 23 07

ご家族みんなに懐いていて
とても可愛い
おっしゃってくださった里親さん

お膝でまったり過ごしてもらうのが
今後の夢だそうです

写真 2019-10-12 15 52 43

やんちゃな子猫時代はあっという間なので、
ハイテンショントランくんも
今のうちにじっくり楽しんでくださいね


あかねちゃんは『みくちゃん』になりました

白猫3匹、キジトラ1匹の4きょうだい
心ある優しい保護主さんに救われて
会を通して里親探しをすることとなりました

HPに掲載してすぐに
お問合せフォームからあかねちゃんをと
ご希望の連絡をくださったHさま

白猫を探していたそうです。
そして・・・お子さんの名前と一緒の
あかねちゃんに目が吸い寄せられました



お見合いを終えて、さぁステイ開始です

お届け当日は譲渡会への初参加もあり、
興味津々にお部屋を見渡してはいましたが
ゆっくりと休ませてもらうよう
お願いしました



案の定、少しするとウトウト
そしてゴロンと横になって爆睡

ひと寝入りしてリフレッシュしたあとは、
規定量のご飯をモリモリと食べます

高さのある食器台と、
かわいい食器は先代の猫さんが使っていた
おさがりを受け継ぎました





なーんにもフォローすることがないくらい、
ごはんをしっかり完食し、
おトイレもバッチリ、
もちろん元気もいっぱいな様子を
写真や動画と共にご連絡くださいました



2日目にして、すでにへそ天
まるで最初から、
「ここがあたちのずっとのおうちになるの
分かってるのよ」
と言わんばかりの、馴染みっぷりでした





そしてお返事の期限を待たずして
「迎えた初日から、すでに決まっていましたが
家族に再確認し、責任もって大切に育てます
正式譲渡でお願いします
と嬉しいお返事をいただきました



おnewのトイレに入って、
記念撮影のハイポーズ
カメラ目線もさすがです





これからはH様ご家族のあたたかい愛情に包まれて
みくちゃんとして新たなスタートです

これからたくさんのみくちゃん写真、
スマホのアルバムに成長の記録として
家族の笑顔と共におさめられていくと思います

うちの子自慢のお便り、
またぜひお待ちしておりますね

おめでとう、みくちゃん