FC2ブログ
雪之丞くん(イチョウ)&幸之助くん(ケヤキ)おめでとう

イチョウ&ケヤキは兄弟です
愛護センターのボランティアさんの元で
すくすく育ち、会へたどり着きました



美しい顔立ちのキジトラとロシアンブルー風の兄弟



スタイリッシュな体型を維持したいのか?
食の細い兄弟です

ご飯を食べないと心配なので、
2匹一緒のステイ希望、
なおかつ在宅の家族のいるおうちが良いな
と考えていました



すると良縁が舞い込みました



奥様が在宅しているご家族が、
「2匹一緒に!」と希望してくださいました

里親様は14才のキジ白の
ミーちゃんを亡くされ、
再び猫を飼う決心をなさって
来場されました

先代のミーちゃんのお写真です↓


ステイ中は順調そのものです

心配していた少食は影を潜め、
2匹一緒の安心感と
奥様をはじめとするご家族の
手厚いお世話のお陰で
ぐんぐんと体重が増えていきました



もともと人が大好きな2匹は
ご家族にすぐに溶け込み、体調良好で
ステイを終了することができました

ステイの終盤に
「ぜひぜひおうちに迎えたいです。
家族全員メロメロです
と嬉しいお返事をいただきました



正式譲渡後、
もとのように食が細くなったようです
工夫して食べさせてくださっています

きっとステイ中のご飯は
「僕たちはここのおうちの子になりたい‼️
たくさん食べなきゃ
と頑張ったのでしょう



イチョウは『雪之丞くん』
ケヤキは『幸之助くん』

幸之助は20代の娘さんが大好きな
アルフィーの坂崎幸之助さんから名付け、
雪之丞は「之」繋がりで名付けたそうです

娘さんがギター
息子さんがドラムを演奏する
音楽が流れるおうちです





雪之丞と幸之助は
バンドのメンバーのように
今日もスタイリッシュです

お幸せに
スポンサーサイト



やまと君にずっとのお家が出来ました



やまと君は、保護主さんのおうちの周りにいた仔猫でした
はじめは鳴き声だけで
姿を見る事はなかったそうで、
その鳴き声は仔猫だと思い
捕獲を頑張ってくれました
やまと君を保護し、譲渡会まで
大切にお世話をして下さいました







やまと君を見初めてくださったのは、
譲渡会に2度足を運んでくださった
お母さん娘さん親子でした

会のHPを見て既に一目惚れしていて、
一度目の譲渡会の時に
ケージの奥で固まっている
やまと君に心を奪われました

その日は決心が付かず帰られましたが、
再び、やまと君の事が忘れられなかったと
来場して下さいました

トライアルです

先住猫のオスの茶トラ君がいますが…
とても縄張り意識が強く
年齢も8歳なので
2匹を会わせず
部屋分けをして飼育する
とご家族は決めていました

それは、ストレスなどを考え、お
互いのためを思ってのことでした

やまと君は少し人見知りでした。
お届けの日も
ベッドの下に入ってしまったり、
夜泣きも毎晩しました
食欲も落ちあまり食べません

ご家族はそんなやまと君に
愛情をたっぷり注いで、
フードを工夫したり、
少しずつ慣らしていきました

お返事の日、
初めから答えは決まっていました
と、正式譲渡のお返事を頂きました

新しいお名前は『エメくん』







猫達のペースに合わせてくれる
里親さまだから、
少しずつ食欲も出てきて
甘えるようにもなりました

これから安心して暮らしていけるね

おめでとう、エメくん

七緒ちゃんはお名前そのままに
ずっとの家族ができました

4きょうだいで会に辿りつき、
抜群の運動神経と、
さび猫らしい賢い女の子



譲渡会にご来場いただいたご家族に
見初めていただいて、
ステイのはじまりはじまり

適度な大きさもあり、
フルタイムで働く預かりスタッフの元でも
おするばんもバッチリさんです
(その分、遊びの時間はかなり活発



お届け時も緊張をせず、
落ち着いた様子でした
早速、遊んでもらって
嬉しい七緒ちゃんです

人の気配がすると、
ケージから出して~!と
ニャアニャア鳴いたり、
初日は朝までずっと
夜鳴きもあったようでした



でもスタッフのアドバイスどおり、
ケージをしっかりと全面布で覆ってもらい、
目隠しをすることで、
いい意味であきらめて、
ゆっくりくつろぐ時間だと
学習してくれます

スタッフ宅でもメリハリをつけて、
おするばん、夜寝るときは
ケージで暮らしていたので、
試したところ、問題クリアです







食事もトイレも心配事もなく、
順調なステイ期間でした
そうして正式に迎えていただけるという
お返事をいただき、
H様ご家族の一員となりました





環境の変化で、
これまでドライフードだけで食べれていても
ちゅーるやウェットフードを併用しないと
食べなくなるケースもあります
が、いまは育ちざかり、
しっかりと体を作る成長期です

まずは食べることを優先させつつも、
徐々に移行すれば問題ないことも
お伝えさせていただきました



これから優しいご家族と一緒に
幸せな毎日を過ごしてね

おめでとう、七緒ちゃん
ミィちゃん(もみじ)&クゥくん(あけび)おめでとう

もみじはとても人慣れした女の子です
もみじは飼い主によって
処分ありきで行政に引き取られました

あけびは行政に回収され、
猫風邪を引いていて、
目が白濁し、耳がはげていたため
処分対象とされた男の子です
(目は見え、耳も聞こえます)

しかしこの2匹は運良く
会にたどり着くことができました





ある譲渡会場で、
その日不参加のもみじと
譲渡会デビューのあけびに
お声がかかりました

昨年10月20日に
23年連れ添った「さくら」ちゃんを
亡くされた希望者様は
さくらちゃんに似た
もみじを見た瞬間
「この子を飼いたい‼️」
と強く思ったそうです

さくらちゃんのお写真です


あけびは譲渡会場で
一目惚れした子猫だそうです

この2匹は別々のスタッフの家で
お世話をしていたため、
ステイが始まるまでに
一緒に暮らして相性を見ました



あっという間に仲良しになり、
早めにステイに入ることになりました

2匹とも良く食べ、良く排泄し、
良く遊び、賑やかなステイとなりました



あけびは猫風邪を持っているため、
普段元気一杯ですが、
室温が低かったり、免疫が低下すると
風邪の症状が出るので、
体調管理をしっかりとしていただける方を
希望しました

ステイの時に風邪のお話をすると、
希望者様は以前、
猫風邪を引いた猫を飼っていたそうです

経験者と言うことで
一層安心してお任せできました

スタッフの飼い猫も猫風邪持ちですが、
体調を管理したり、
風邪症状が重ければ受診をして、
全く生活に支障ありません



あっという間に、ステイは終了

もみじは「ミィ」ちゃん
あけびは「クゥ」くんになりました
娘さんがつけてくださったそうです



ミィちゃん、クゥくん
優しい猫ベテランの里親様に出会えました

幸せですね

キジ美ちゃんは『むぎちゃん』になりました

キジ美ちゃんは、キジ太ちゃん、おててくんと
3きょうだいでした
保護主さんの近所の方が見つけて、
保護主さんが育て、
譲渡会に参加することになりました

初めて参加した譲渡会で、
譲渡が決まったラッキーガールです







キジ美ちゃんを家族に迎えてくださったのは、
お父さん、お母さんと、
2人のお姉ちゃんがいるご家族でした

譲渡会にはご家族全員で来てくださり、
たくさんの猫さんがいる中で、
キジ美ちゃんを気に入ってくださいました

抱っこ出来る会場でしたので、
抱っこしてもらったキジ美ちゃんは、
気持ち良さそうにしていました

そして、ステイが決まりました

ご自宅には、もう1人(1匹)のご家族がいました
1歳の先住猫さん、れい君です。
真っ白で、とっても綺麗な猫さんです

突然やってきた、キジ美ちゃんに
おっかなびっくり
ケージを設置したリビングに
一瞬入ってきましたが、
すぐに別室に行ってしまいました。

れい君が、戸惑うのは当然です

里親様には、とにかくれい君優先で
関わっていただくよう、お伝えしました。



ケージを、覆ってもらい、
使っているフリースなどを交換して、
臭いの交換をしてから、徐々に2匹を
合わせていただくように、お伝えしました





里親様は、上手に2匹の距離を縮めてくださり、
ステイ5日目には、並んで
ご飯を食べられるようになりました

一緒にご飯を食べたのが、嬉しかったのか、
吐いてしまったキジ美ちゃんでしたが、
その後、体調を崩すことなく、
正式譲渡となりました

れい君は、体調を崩すことなく、
ステイ期間を過ごしました

里親様が、きちんとれい君、
キジ美ちゃんのケアをしてくださったおかげです。

「キジ美ちゃん、ぜひ我が家の一員として
迎えさせて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。」
とのお返事をいただき、
新しい家族として、
迎えていただけることになりました

むぎちゃんという
可愛い名前もつけてもらいました



むぎちゃん。
れいお兄ちゃんと、一緒に元気に遊んで、
家族のみんなに、
癒しをプレゼントしてあげてね

ずっとの家族と、
ずっとのお家が出来て、良かったね



本当に、おめでとう



後日、近況報告をいただきました。


こんばんは。
お久しぶりです。
こちらは皆元気にしております😊



れいとは毎日じゃれ合いなのか、
追いかけっこしたり
噛んだりしています💦





寝る時には、自ら家族の布団に入ってきてくれます😃
家族皆むぎに癒されています😃