fc2ブログ
ぼんじ君に、新しい家族が出来ました

ぼんじ君は6月下旬
とある相談現場で保護されました
フォークリフトやトラックが行き交う倉庫内。
ママは高い場所で子育てをしていました



ママは手術をしてリリース。
5匹兄妹の仔猫は、
焼き鳥シリーズで名前をつけました
300gから400g台の小さな兄妹
時に体調を崩しては
スタッフが手厚いケアをして、
成長していきました



ぼんじ君は、焼き鳥のぼんじりから
名前をもらいました

名前の通り柔らかい毛並み、
何となく柔らかいボディーです
そしてとっても人懐っこい子猫に育ちました
「とろけるぼんじ」
いつの間にか、スタッフから
そう言われるようになりました



そんなぼんじ君に、運命の出会いが訪れます
9月下旬の譲渡会。
トライアルを決めた猫については
抱っこが出来る会場でした。

ご家族4人で来場。
どの猫を迎えるか、
なかなか家族の意見が合いませんでした

ぼんじ君を抱っこしてもらい、その人懐っこさと
柔らかい毛並みや
ボディーに魅力を感じていただき、
ご家族の多数決で、ぼんじ君が選ばれました





トライアルに入ると、
お子さん達もお世話を頑張って、
愛情たっぷりに可愛がってくださいました

お届けの時に、お父さんは
たくさん写真を撮ってくださり
可愛がってくださるオーラたっぷりです

初日から「家族皆んなメロメロです
と嬉しい言葉をいただきました。

送っていただいた写真からも、
既にリラックスして
過ごしている様子が分かりました



3日目には
「とても3日目だと思えないほど
なつこい子です」とのこと

お母さんは、昼間お子さん達がいない時は
ぼんじ君を自由にさせて、
静かに見守ってくださいました



そして5日目には
無事に正式譲渡のお返事をいただきました

新しい名前は、「ぽんじ」君です
何となく、トライアル中から
家族にそう呼ばれていたそうです





ぽんじ君。
可愛らしい名前をつけてもらって良かったね

あの倉庫にいたら、
危ない目に遭っていたかもしれないね
保護してもらい、たくさんのお世話と
愛情を注いでもらいました

そして、優しい家族へと
バトンを渡すことが出来ました
いつまでも、とろけるように
甘えん坊なぽんじ君でいることと思います



あなたの幸せを
関わったたくさんの人が願っています

本当におめでとう

スポンサーサイト



ベポちゃんは『メルルちゃん』になりました

メルルちゃんは野良猫がたくさん集まる場所で
レスキューしました

ごはんはもらえていましたが、
外での生活は子猫にとって
あまりにも過酷でした

野良猫のほとんどがそうであるように
メルルちゃんも保護当時は風邪をひいており
お腹に寄生虫がいました





スタッフの手元でしばらく療養させて
風邪を治し、駆虫をしたら
譲渡会デビューです





メルルちゃんを見初めてくださったのは、
優しいご夫婦と
猫好きな息子さんのご一家でした

トライアル開始後は新しいおうちに
興味津々のメルルちゃん
すぐに慣れてお部屋を探検です
じゃらしでたくさん遊んでもらえて
大満足の様子でした





そしてトライアル3日後に
正式譲渡のお返事をいただきました

ところがこの日から
メルルちゃんは下痢をしてしまいました
猫は環境の変化にとても弱いので
よくあることなのです

里親さんは様子を見つつ受診をさせ
苦い薬を頑張って飲ませてくださいました

メルルちゃんを迎えて
「家族間の団結力がより強くなった」と里親さん
メルルちゃんの存在により、
さらにさらにご家族が仲良く
幸せに暮らせると素敵ですね



しかしその反面、
「(安全面で)今までは気にしなくて良かったことに
気を配る必要があるので
少し大変になった」とも

おっしゃる通り、
脱走対策や事故防止など
猫と暮らす上で
注意しなければならないことはいくつかあります



家族の一員となったメルルちゃんを
より強化された団結力で
守ってもらえたら嬉しいです





メルルちゃん、こんなに愛情あふれるご家族に
巡り会えて本当に良かったね

いつまでも元気で幸せに過ごしてね
おめでとう

ひまちゃん&れおくん&ティンクちゃん
&ラテくん&珀くんのおうちより
お便りをいただきましたので
ご紹介させていただきます

ひまちゃん&れおくん&ティンクちゃんの前回記事はこちら↓
2020.03.23 ひまちゃん&れおくん&ティンクちゃん便り♪
ラテくん正式譲渡の記事jはこちら↓
2020.06.07 ラテくん(ブルーノ)おめでとう♪
珀くん正式譲渡の記事はこちら↓
2021.06.26 珀くん(カール)おめでとう♪


<手術完了のお葉書より>

とても気が強く、色々な物をかみついたり
人間の手をかみついたりします
自分が1番下っ端なのに
先輩にゃんこと対等にとっくみ合い
みんなの耳や首根っこをかみつくので
みんなが泣きわめいて逃げる程強くかむので
とても困っています。

自分を犬だとおもっているのか、
大スキなぬいぐるみを投げてあげると
走って取りに行き、持ってきて目の前で落とし
投げてくれるのを待っています。
とてもかわいい姿です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんばんは

珀も、手術すれば少しは大人しくなるかな?
と思ったのですが…
まったく変わりませんでした🤣

噛みグセ…ホントに困ってて、
特にレオ、ひまちゃんが被害者で💦
みんな優しいので怒らないのですが、
さすがに痛いみたいで最近は怒って逃げるんですが、
こりずに追いかけまわしてストーカー状態です

膀胱炎…あっという間によくなりました

他のみんなもとても元気です!
写真いくつか送りますね

はく

はく

はく

はく

はく



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんばんは✨

お待たせしました!
珀くんの、取ってこい動画です






手術完了のお便り💌
ありがとうございます

珀くん🍀おつかれさまでした

やんちゃな末っ子くん
お兄ちゃんお姉ちゃん里親さんを
あんまり噛まないでね😿
やさしく強い子になるんだよ❣️

みんなが元気で穏やかに過ごせることを
願っていますよ😊


さて 2つの動画を見てみると✨

身軽にダッシュ⭐️珀くん vs
超おっとりボール転がし💛ひまちゃん
どっちもかわいい〜🌸ですが
このスピード感の違いったら……
ちょっとツボでございました😆💦

また5匹の様子 教えてくださいね
待っています😄

モナカくん&キナコくん
&ハナコちゃんのおうちより
お便りを頂きましたので
ご紹介させていただきます

前回の記事はこちら↓
2021.07.26 モナカくん&キナコくん&ハナコちゃん便り♪


お久しぶりです。

我が家のボス2匹が飛来してボチボチ1年、
姫様はまだw

前回の自分のパニック診察と違い
近場で病院をチェック!
2匹同時に箱入れて病院……
胃が痛くなりますw

モナカキナコハナコ

モナカキナコハナコ

全くツンツンのモナカさんのデレで癒されてます。

最近仕入れたブツに不信感満載の3匹でしたが……



キナコさんは落ちました…
何故か?キナコさんだけは股に入りますw



モナカキナコハナコ

モナカさんは脱ぎたての靴下をモフモフします(涙)

モナカキナコハナコ

ハナちゃんは虐待してませんw
お尻ポンポンだとブンブン尻尾振るので(汗)
バチバチに
膝猫、足間猫になり、体重も4.7〜8キロとモリモリ…



3匹とも体重も変化なく、健やかに悪さしていますw
ビックリする位に、猫中心に回されてます!
本当に可愛い😍

因みに、まだ予約はしてないのですが、
1年定期検診は何を見て貰うのが良いのですか??



お便りありがとうございます

モナカくんキナコくん、
ウチの子1周年おめでとう~

あどけなさの残っていた譲渡の頃は
もう遠い昔。
2匹揃って逞しいボスキャラに成長したようで
何よりです

仕入れたブツはなかなかいいアイデアですね~
以前、猫さんのザリザリした舌の感触を
再現したらしい猫グッズを見たことがあるのですが、
なんてことないプラスチック製のヘラなのに
驚きのお値段で
これなら試してみてお気に召さないようなら
お掃除グッズとして再活用の道もアリなので、
私も早速マネさせてもらっちゃおう

ハナ姫さまのお尻バチバチw
わかりますわかります、
彼女は低刺激では物足りないタイプ。
ハードなやつがお好みなのですよね

三者三様の嗜好全開で
ストレスフリーな楽しい毎日
まったり幸せそうな表情に
こちらもほっこりしちゃいます

タマくん(ねぎま)おめでとう

ねぎまは5兄弟
TNRの相談のあった現場の隣、
とある会社の倉庫
高く危険な場所でママ猫が育てていました



しかし、運命は子猫たちに味方をして
会にたどり着きました
ママ猫は手術をしてリリースです



預かりスタッフたちが
愛情をたっぷり注いで
人が大好きな子猫たちに育ちました



譲渡会で、ねぎまを見初めた
年配のご夫婦がいらっしゃいました
保証人をしっかりと立ててトライアル開始です

完全室内飼い、脱走防止対策、
お部屋の温湿度管理などお願いしました



お話を聞きながら、
ご夫婦はお届けに行ったスタッフに
「良い子が来てくれた🎵」
と喜ばれていました

その言葉を聞いたスタッフも
この優しいご夫婦とねぎまに
ご縁がありますようにと願いました

ステイ中のねぎまについてのご連絡は
さっぱりとしたものでしたが、
苦手なスマホを駆使して
ご連絡してくださっていることがわかりました
これもねぎまパワーですね





排泄排便など体調良好で
ステイは順調に進んでいきました

ステイの終わり頃には
お母さんの隣で
一緒に眠るようになったそうです

そして早めにねぎまを迎えてくださるお返事を
くださいました





ねぎまはタマくんになりました
先代猫の名前を受け継いだそうです



優しいご夫婦とタマくん、お幸せに